ホーム

本Workshop は B workshop と銘打っていますが、B, charm, tau などのフレーバーを通じて新物理をどのように明らかにするかを、理論・実験の両面から講義・議論する事を目的とします。また、LHC で Higgs(らしい)粒子が発見されたことから、フレーバー物理による新位相の探索と、エネルギーフロンティアでの Higgs Potential の測定による、Electroweak Baryogenesis の解明可能性を講義して頂きます。

講義の対象は修士課程の大学院生から若手研究者ですが、第一線のフレーバー物理実験屋・理論屋が集まる事によりシニアな人々も議論を楽しめると思います。また、ポジションに関わらず参加者の研究発表を募集しています。研究発表の内容はフレーバー物理に限らず、素粒子に関わる事であればどのようなトピックでも受け付けます。研究発表を行った学生の中から Best Talk Award を決定することを企画していますので、特に学生の発表を歓迎します。

Belle II・KOTO・TREK・MEG・DeeMee・muon g-2・T2K・KamLAND Zenなどのフレーバー物理実験、LHC・ILCなどのエネルギーフロンティア実験、宇宙観測実験、原子核実験、理論、加速器など幅広いフィールドからのご参加をお待ちしています。

日程

2012年11月5日(月)から8日(木)

場所

花巻温泉 ホテル千秋閣
岩手県花巻市湯本

講師(invited speaker)

理論:清水康弘(東北大学)、瀬名波栄問(KIAS)、長井稔(東京大学)、両角卓也(広島大学)
実験:足立一郎(KEK)、岩崎 義仁(KEK)、魚住聖(慶北大学(Kyungpook National Univ.))、早坂圭司(名古屋大学・KMI)、原康二(KEK)、三宅秀樹(KEK)
加速器:森隆志(KEK)
敬称略

参加費・懇親会費

スタッフ : 参加費12000円/泊、懇親会費2000円
学生   : 参加費9000円/泊、懇親会費1000円

一人部屋希望の方は4000円/泊で承ります。
3食付きです(最終日の昼は無し)。
懇親会は6日の夜に開かれます。

旅費

締め切りました。

締め切り

締め切りました。

サポート

基盤研究A「フレーバー物理によるTeV領域の新しい素粒子像の探求」(岡田安弘)
新学術領域研究「Bファクトリー実験におけるエキゾチックハドロンの探究」(堺井義秀)

bworkshop2012 幹事

石川明正(東北大学)
akimasa at__mark epx.phys.tohoku.ac.jp
花巻温泉入り口
Group Photo

コメントは受け付けていません。